この時期、何かと話題に上る話だ。
小欄でも、この時期になるとこの話をすることが多い。

2月1日、日本経済新聞を飾った一面広告に賛否両論が出ている。

文言は以下の通りだ。
バレンタインデーは嫌いだ、という女性がいます。
その日が休日だと、内心ホッとするという女性がいます。
なぜなら、義理チョコを誰にあげるかを考えたり、
準備をしたりするのがあまりにもタイヘンだから、というのです。
気を使う。お金も使う。でも自分からはやめづらい。
それが毎年もどかしい、というのです。

それはこの国の女性たちをずっと見てきた私たちゴディバも、肌で感じてきたこと。
もちろん本命はあっていいけど、義理チョコはなくてもいい。
いや、この時代、ないほうがいい。そう思うに至ったのです。
そもそもバレンタインは、純粋に気持ちを伝える日。
社内の人間関係を調整する日ではない。

だから男性のみなさんから、とりわけそれぞれの会社のトップから、
彼女たちにまずひと言、言ってあげてください。
「義理チョコ、ムリしないで」と。
気持ちを伝える歓びを、もっと多くの人に楽しんでほしいから。
そしてバレンタインデーを、もっと好きになってほしいから。
愛してる。好きです。本当にありがとう。
そんな儀礼ではない、心からの感情だけを、これからも大切にしたい私たちです。

如何だろうか?

筆者の個人的見解であるが、バレンタインって本当に大事な人に気持ちを伝える日かと思う。
であれば、義理チョコは発生しない。
いや、チョコを渡すことも必要としない。
例えば、手紙とか、記念になるものとか心に残るものを渡せば良いのではないか。

因みに、この広告は日本経済新聞のみに掲載された。
Webサイトや電車広告では使用されていない。
ここに、この広告の真意があるような気もする。

当社、公式ホームページはこちら…