LINEは3月より「LINE Pay 請求書支払い」の提供を開始している。
電気料金や水道料金などがスマートフォンのみで支払いが行えるサービスだ。
時間や場所を問わず支払いが可能になる。
対応している企業や公共料金は限られているようだが、利便性が増すと思われる。

利用には、「LINE Pay」のアカウントを開設し、事前に銀行口座やコンビニなどで
残高のチャージを行う必要があるようで利用に際してハードルが高い方もおられるかと思う。

大手銀行もQRコードを読み取って、支払いをする仕組みを構築しているとのニュースもある。

今後は、現金を引き出すと言う行為がなくなってくるのではないか?

因みに筆者もSuicaをスマートフォンで使っている。
チャージも現金ではなく、スマートフォン内で処理できる仕組みになっている。
以前に比べて、現金による入出金は大幅に減少している。

当社、公式ホームページはこちら…