家、三匹の子ぶたが間違っていたこと 五つの条件をそなえた住宅会社はあるのか?①


家、三匹の子ぶたが間違っていたこと
住宅の資産化を実現する、工務店のネットワーク。
「重量木骨の家」の取り組みをご紹介します。


「住宅難民」ともいえる日本人を不幸にしないため、資産になる家の制度と条件を列挙したが、残念ながらすべての住宅メーカーが賛成してくれているわけではない。企業としての利益追求のなかでは、どうしても肯定されない部分が多いのが実態だ。建築基準法で義務化されていない安全のための構造計算すら、やらないメーカーが大半なのだから、うなずいていただけると思う。そんななかで播繁氏の提唱した木造住宅(SE構法)を利用し、すべての住宅で構造計算を行なっている工務店やメーカーの組織がある。「重量木骨の家の会」である。…




MLWELCOME on WEB 借景が生きる羽根木の家


MLWELCOME on WEB
借景が生きる羽根木の家


エントランスホールから大きな階段を上がると大空間が広がる。2階は50人近くのゲストを招いてのパーティも可能な、71m2のLDK。近隣の緑が目に鮮やかだ。「まさに借景ですよね」とHさん。この一帯の地主さんの家訓が「木を伐採せず残すべし」であったため、周囲には見事な巨木が今も多く残り、羽根木の森と呼ばれている。梅や桜、紅葉など季節の移り変わりが感じられる環境だ。…